ビジネス本の要約・解説動画を見ながらお買い物できる「ネットの本屋さん」

一倉定の社長学 4833423472

1,980円(内税)

購入数

作間信司 著


内容

知る人ぞ知る伝説のコンサルタント・一倉定(いちくらさだむ)。
その教えを、事例を交えてコンパクトな1冊に!!

一倉定は、炎のようなコンサルタントだった。
空理空論を極度に嫌い、徹底して実践現場主義と顧客第一主義を謳い、社長を小学生のように叱りつけた。
その熱い思いは、時に手にしたチョークを投げつける厳しさとなり、
また反面、倒産寸前の会社を建て直すため、社長とともに幾夜にもわたり対策を講じる親身さになった。
鬼となり、仏となる「社長専門のコンサルタント」だった。

「世の中に、良い会社とか悪い会社なんてない。
あるのは、良い社長か悪い社長だけである。
会社は社長次第でどうにでもなるんだ」と断言。
この一言こそ、一倉定の信念だった。
「事業経営とは何であるか」?を探求し続け、
社長に「正しい姿勢」「正しい経営のあり方」を説くことだけに専念した。

一倉の晩年、こんな逸話が残っている。
1999(平成11)年3月に亡くなった一倉だが、その直前に病床においてさえも鬼気迫る形相で社長を叱り飛ばしていた。
最期は教え子である社長の運営する施設に入られたが、社長の計らいで富士山を望める特別室が用意された。
しかし、部屋に入るや否や「社長を呼んで来い!」と一喝。
「君は富士山が綺麗に見えると言ったが、いったいどこに見えるんだ!」
確かに窓からは雄大な富士山が正面に見えてはいるが、ベッドに横になると壁と青い空しか視界に入ってこないのである。
「君はこのベッドに寝たことがないだろう」「一晩も泊まったことはないはずだ」
あれほど、「お客様の立場になって」「お客様第一主義」と教え、経営計画書に書いてあっても、「君はまだ全然わかっていない」と大目玉である。
会社の繁盛も長い事業の継続も「全てはお客様がお買い求めになられ、満足し、また購入していただけることでしか実現できない」。
「この当たり前すぎるほど当たり前のことが、なぜわからないんだ」と常に社長に「喝」を入れ続けた。

その門下生には、ユニチャーム創業者・高原慶一朗氏、ドトールコーヒー創業者・鳥羽博道氏、
トステム創業者・潮田健次郎氏、エフピコ創業者・小松安弘氏など、錚々たる経営者が名を連ねる。

著者の作間信司氏は、日本経営合理化協会の専務理事である。
同協会は創業以来50数年、一貫して中小企業の社長のためにセミナー、書籍、コンサルティングを通じて、繁栄を支援し続けている。
作間氏は同協会に入協以来、協会の創業者・牟田學会長の薫陶を受け、一倉定先生の教えを学びつつ、全国の中堅・中小企業の経営相談に携ってきた。

本書は、「一倉社長学」が説く「正しい社長の考え方、行動」「事業経営の原理原則」を、
現在の経営課題をも踏まえつつ、まとめた渾身の経営書である。「一倉社長学」の教えをさらに進化させた内容になっている。

中小企業の社長は本書を読み、実践することで、
「会社は繁栄するようにできている」と実感するはずだ。

「社長の教祖」と異名を持つ彼は経営者をよく叱った。しかし、叱られるたびに多くの経営者は目を輝かせた。ユニ・チャーム、ドトールコーヒー、トステム、サンマルクカフェなどの創業者たちは、教祖の一喝から発展の礎を築いた。会社は絶対潰さない!幻の指導がいま蘇る!!経営2大鉄則で高収益企業をつくる。






コンテンツの詳細はコチラ
↓ ↓ ↓

【購入特典コンテンツ:その1】
年間休日5日、一日14時間労働の社畜が 年商1億円になった話



【購入特典コンテンツ:その2】
【サラリーマン必見】動画編集スキルを身につければ、
土日だけの作業で、手堅く月5万〜10万を目指せます



【購入特典コンテンツ:その3】
プクプク太り過ぎて彼氏いない歴20年の元祖・アラフォー干物女子が、
健康の秘訣、ダイエットの極意、習慣化のメソッドを学び
10キロ以上の贅肉とイケメン彼氏をダブルで落とした全過程を公開!
(ビジネスで高いパフォーマンスを発揮したい男性にもオススメ)