ビジネス本の要約・解説動画を見ながらお買い物できる「ネットの本屋さん」

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book)

1,650円(内税)

購入数
田端信太郎著



忙しくてなかなか読む時間をつくれない!
そんなあなたのために
10分の動画でわかりやすくまとめてます!
↓↓↓


動画URL https://youtu.be/1KkcqBg9g6U

【要約】

今回は、
「ブランド人になれ」
という本を解説します。

この本は、ZOZOの
コミュニケーションデザイン室長の
田端信太郎さんが出版された本です。

田端さんは、プロ野球選手よりも
稼ぐプロサラリーマンであり、
リクルート、ライブドア、LINE、ZOZOと
最先端企業を渡り歩いた
エクストリームサラリーマンの異名を持ちます。

そんな凄まじい経歴を持つ
トップオブサラリーマンの田端さんが
サラリーマンとして活躍するための
極意を解説されています。

昔と違い、年功序列、終身雇用は崩壊し、
副業を解禁する会社も増えてきました。
会社にぶら下がるサラリーマンは
今後危機的状況に陥ります。

そんな激動の時代に
どのように考え、どのように行動し、
生き抜いていけばいいのか?


本書のメインメッセージは、
タイトルにもあるように、

「会社の奴隷的なポジションから抜け出し、
 プロサラリーマンとして生きてみませんか?」


というものです。

本書では、会社の奴隷から解放され、
ブランド人として生きていくための
考え方が多数紹介されています。

全7章で構成されていて、
40個ほどのテーマについて、
田端さんの考え方や経験談が紹介されています。

中にはテクニック的な内容も含まれるので、
あなたのこれからの仕事の質を
高められる内容を3つに絞って
解説していきます。

実際の田端さんの考え方も紹介しながら、
シンプルにわかりやすくまとめて
いきたいと思います。






まず1つ目のテーマですが、

1 君は誰を笑顔にしたか



田端さんはこのように語られています。

「働く」という漢字は「人偏+動く」と書く。
君の仕事によってお客様が喜びに打ち震え、
人の心を動かして初めて、君の仕事が
世の中に価値を生み出したことになる。

そして次のように続けます。
わずかな「我慢料」をもらうだけの
ドMすぎる労働者生活は今すぐやめろ。
今日からドSになるのだ。

Sはサービス精神のSだ。
スペシャリストのSでもある。
君のドSプレイによって、どれほどの人を
笑顔にできるか考えてみろ。
ドSが世界を救うのだ。

「どうすれば人が喜んでくれるだろう」

と知恵をめぐらせ、相手の立場に立って
想像力を働かせれば、喜びのリターンに
応じて仕事の価値はどんどん上がっていく。

ブランド人たるもの、「カネを稼ぐ」
という自分本位の目的など捨て、
「他人の幸せ」を考えなければならないのだ。

それができたときにカネは勝手についてくる。



これを聞いて、実際のところ、
平均年収400万円の日本では、
サラリーマンが他人の幸せを考えて
仕事をするってかなり厳しいかなと
思いました。

自分たちの生活がギリギリなのに、
他人の幸せってかなりの自己犠牲ですよね。

よし、今日から他人の幸せを!
と意識したところで、結局根底にあるのは、
自分の収入のために・・・
となってしまうんじゃないかなと思います。


自分の収入のため
お客さんの幸せのため
と、どちらかに偏って考えるのではなく、
あなたの仕事のレベルアップに
フォーカスすればいいと感じました。

そうすれば、あなたの収入にもつながり、
レベルアップしたあなたにお客さんも満足できます。

お客さんを笑顔にするために、
あなたの仕事レベルをさらに磨きをかけましょう!

次のポイントで、
あなたの仕事レベルを最短最速で
上げていく方法を解説していきます。



2 とにかく量をこなせ、量が質を生む




他人が喜んで銭を払ってくれるようなレベルにまで、
仕事の本質を高めるためには、
圧倒的な量をやりきる時期が絶対に必要である。

量は質に転化するからである。
「質を追求するな。量をこなせ。」
新人のうちはこの言葉に尽きる。

これを聞いて実際のところ、
どのくらいの量をこなせばいいの?
と疑問に思いますよね。

人によってこなす量の基準が違いますし、
質へと転化させるための必要な量は、
肌感覚で違うと思います。


田端さんは、これらの疑問を最初から
お見通しと言わんばかりに
ズバッと解決してくれます。


語られている内容を見てみると、

無駄に長く下積みをダラダラとする必要はない。
2年でいい。
ビートルズも、MBAのビジネススクールも、
医師国家試験の合格後の臨床実習も2年間である。


「これだったらギリギリできそうだ」
というレベルではない。
「こんな量は不可能だ」というレベルの仕事を、
必死でやり切る。
完全に追い込まれた時、人は火事場のバカ力を発揮する。

窮地に追い込まれて火事場のバカ力を
発揮したことある人は、イメージできる
と思いますが、
火事場のバカ力がどれほど凄まじいか
を紹介したいと思います。


これは責任あるポジションを
任された時に起こることですが、
自分が責任を持ってる以上、
どんな状況に陥っても業務を期間内に
間に合わせなきゃいけない。

こういう意識が自然と働きますが、
そんな状況で、人手不足になったり、
急遽欠員が出て、2人分も3人分も
仕事が襲いかかってきた時。

人はどうなるか。

窮地に追い込まれることでアドレナリンが
脳みそからダダ漏れして、
5感の全てが研ぎ澄まされて、
とんでもない集中力を得ることができます。


まさにドラゴンボールでいう
スーパーサイヤ人みたいな。
そんな感覚になります。

自らこのスーパーサイヤ人モードに
なることは非常に難しいのですが、
環境に追い込まれることによって、
とんでもない集中力が発揮できます。

端から見たら、とんでもない
ブラックな働き方なんですけども、
この快感を得ると疲れをそもそも
感じないので楽しく感じられちゃうんです。

これを聞いてくださっているあなたも
もし会社から無理難題を与えられた時に、
全力で立ち向かってみることを
一回だけでもいいのでやってみてください。

サイヤ人モードになれるかもしれません。

やってみて、苦痛だったら
もうやらなきゃいいだけなので。
ぜひチャレンジすることをお勧めします。




それでは、次のポイントを見てみましょう。



3 たかが金のために働くな



このポイントで田端さんが
語られていることを紹介します。

自分が好きなこと、夢中になっている
得意技を徹底的に極めつつ、
「他人の役に立つ」という青臭い志で仕事をする。

「たかがカネのためにオレは働かないぜ」
と仕事にひたすらのめり込めば、
磁石に吸い付けられるように、
カネが君のところへ飛んでくるようになるだろう。

カネというつまらない紙切れのために生きるな。
カネのために死ぬという、
最強にダサすぎる最期は絶対に避けろ。

僕は声が嗄れるまで、何度でも呼びかけたい。
たかがカネのことで死ぬな。
ワクワクして生きろ。
そうすればカネもついてくる!


自己啓発系のコンテンツでよく聞きますよね。
・お金は後からついてくる
・お金のために働くな
・パッションが持てることをやれ

なんで口を揃えて、
成功者はこのようなことを語るのか?

これには理由があります。

・被害者意識が強くなってしまう。
・見返りを求めるような人間になってしまう。
・人の気持ちが離れていく


順に簡単にみていきます。

まず、
「被害者意識が強くなってしまう」
ということですが、
お金を追い求める働き方だと、
数ヶ月、数年経って収入が上がらない
状況に陥ったと時に、
自分の責任という視点ではなく、
人のせいにし始めます。

・会社の待遇が悪いから、
・上司が無能で俺を使えないから
・長時間でブラックな労働環境だから

私も経験がありますが、
お金が目的だと自分は正しいと思い込み、
全て外部のせいにしてしまいがちです。


次に、
「見返りを求める人間になってしまう」
ということですが、

お金が目的だと、
お金という見返りを前提にして
働くようになってしまいます。

会社や上司が見えないところで、
あなたを高く評価していたとしても、
あなたが、
「こんだけやったのに全然給料上がんねぇ
 転職してやろうかな」
なんて発言をしてしまうと、
社長や上司も人間なので、
「すぐ辞めそうだから待遇あげなくてもいいか」
となってしまいます。

見返りを求めることで、
あなたの魅力は一瞬にして消え去るんです。
あなたの頑張りを、
あなた自身の手で消滅させてしまう。
こんな惨めなことはないですよね・・・


続いて、
「人の気持ちが離れていく」
という部分ですが、

被害者意識が強く、人のせいにしてばかり。
恩義せがましく、見返りを求めてばかり。
こんな人がいたら、あなたもぶっちゃけ
関わりたくないですよね。


あくまで、最終目標は
ビジネスなので儲けることですが、
お金を一番の目的にした働き方は
非常に危険なんです。

人の気持ちが、お金が、
あなたの周りから逃げ去っていきます。

ぜひ、これらの3つのポイントを
意識して、これからの仕事や人生に
役立ててください。



それでは最後に本書の内容をおさらいしましょう。


1 君は誰を笑顔にしたか



自分本位な目的を捨てて、
お客さんに目を向けて、
他人の幸せを考えて仕事をする。

そうすると、あなたの価値が高まり、
ブランド人になることができます。




2 とにかく量をこなせ、量が質を生む



量をこなすことで自然と質が高まり、
仕事を効率化できたり、
さらに改良を重ねることができます。

最初から質を求めているのは、
やらない理由を作りたいだけだ。



3 たかが金のために働くな



お金を目的とした働き方は、
弊害しかありません。

被害者意識が強くなり、
見返りを求め、人の気持ちが離れる。





コンテンツの詳細はコチラ
↓ ↓ ↓

【購入特典コンテンツ:その1】
年間休日5日、一日14時間労働の社畜が 年商1億円になった話



【購入特典コンテンツ:その2】
【サラリーマン必見】動画編集スキルを身につければ、
土日だけの作業で、手堅く月5万〜10万を目指せます



【購入特典コンテンツ:その3】
プクプク太り過ぎて彼氏いない歴20年の元祖・アラフォー干物女子が、
健康の秘訣、ダイエットの極意、習慣化のメソッドを学び
10キロ以上の贅肉とイケメン彼氏をダブルで落とした全過程を公開!
(ビジネスで高いパフォーマンスを発揮したい男性にもオススメ)